キャッシングの利用方法は実に様々、もちろん一つの利用方法に限定せずどのようなシーンでも自分が使いやすいようにアレンジしていくこともできるのです。

住宅ローン、マイカーローン、ブライダルローンといった明確な目的ローンならこういった使い方はできません。マネープランがスムーズですと、もちろんライフプランも立てやすくなります。その補助としてキャッシングはとても優秀な金融商品と言えるでしょう。

お金に困った時という使い方だけでなく、今欲しいものをすぐに手にしたい、やりたいことを後回しにしたり我慢したりせずにスタートしたい、こんなライフスタイルにおいて効果的な使い方も思いのままなのです。

計画性があれば、キャッシングは不安に感じるものでもなく、無駄遣いや使いすぎを招くものでもないのです。計画的に使うには、利用金額を明確にしておくこと、そのシミュレーションを徹底的に行うことが大切でしょう。

なんとなく借りて、なんとなく使うということをすると、所得証明不要キャッシングの返済ができなくなってしまうのです。借り入れ金額は必要な最低限の金額を、もちろん収入とのバランスから自分で、あるいは専門家の助けを借りつつ試算することです。

キャッシング商品全体の金利が低い今だからこそ、という利用方法もたくさんあります。どのようなキャッシングがあり、それぞれの違いはどこにあるのか、これを知って自分が使いやすい所を選べば安心でしょう。できるだけ多くキャッシング商品を見ていけば、自分が使いやすい所は自ずと見えてきます。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

現在の日本において、いったいどのくらいの人がキャッシングの経験があるでしょうか。
自分の周りを見ても「キャッシングをしています」という人はそうそういるものではありません。
しかし、日本信用情報機構によると2013年7月でおよそ2000万人の方が信用情報機構に何らかのキャッシング情報が登録されていると言います。
日本の人口の中から借り入れができる20歳から65歳程度の年齢を考えてもかなり多くの人が現在借り入れをしている、もしくは近年に借り入れの経験があることがわかります。
日本の人口が1億2732万人、その中で借り入れができる年代は8,000万人です。
そうなると4人に1人が借り入れをしていることとなります。
自分の周囲にいる人にも必ずと言っていいほどのキャッシング経験者がいると言えるでしょう。
また統計が取られている2013年7月の前月には86万人という大きな数が新規契約者となっています。
インターネットが普及しかつての様に重たい門ではなくなっていると言えるでしょう。

かつては消費者金融だったレイク、減消費者金融のアコム、プロミス、アイフル。
大手と言えばこのくらいが思い浮かぶものでしょう。
多くの方がキャッシングに利用しているのはこれらになるかと思います。
大手消費者金融といわれていたうち現在も変わらず活躍している4社です。
この中から銀行に変わったレイク、新生銀行のレイクを今回はご紹介していきましょう。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

アルバイトの方もキャッシュングを行う事は可能です。パート、アルバイト、フリーター、自営者、会社経営者、主婦、学生、派遣社員、正社員など、様々な方がカードローンでキャッシングをする事が出来るのです。もちろん、外国籍の方でも(カードローンが求める)ビザや証明書があれば、いつでも借入をする事は可能です。

ただし、専業主婦の方は、銀行カードローンしか申し込む事は出来ません。消費者金融商品は「本人に収入のある事」が前提となっているのです。総量規制の関係で借入が出来ない方は、銀行カードローンに申し込むようにしましょう。銀行大手は一部、専業主婦のカードローン融資を行っています。出来れば、配偶者の方と相談した上で申し込むようにして下さい。消費者金融にも一部「配偶者の同意書と収入証明書類」の提出で、借入が出来るケースがあります。

学生の方は、20歳以上でアルバイトなどの収入が得られる方のみキャッシングをする事が出来ます。年齢制限に引っ掛からないようにして、毎月の収入をきちんと確保しておいて下さい。学生や主婦の場合、平均して30万円から50万円までの利用限度額が設定されるでしょう。融資の金額は多くありませんが、使い過ぎないよう計画的に利用して下さい。

アルバイトの方も、50万円を越える借入には「収入証明書類」が必要となります。直近の給与明細など、必要な書類を手元に揃えておいて下さい。身分証明書は運転免許証や保険証、パスポートが必要です。時間に余裕を持って準備しておきましょう。

参考・・・総量規制対象外のローンといえば

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

子供の進学や家族旅行など、まとまったお金や急な出費にいつでも対応できるように備えておきたいものです。しかし、2010年に施行された総量規制によって専業主婦は消費者金融からは融資を受けることは出来ません。


しかし、専業主婦でもお金を借りる方法があるのです。それは銀行のカードローンを利用することです。そもそも総量規制とは貸金業者に向けられた法律で、銀行法のもと営業している銀行は総量規制の適用外になります。


そのため、収入がない専業主婦でも少額であれば融資を受けることが出来ます。申込方法は銀行窓口やATMにあるテレビ窓口、またはインターネットや電話から可能です。テレビ窓口であれば早ければ40分程でカードローン審査からカード発行までができます。


審査内容や融資額、必要書類などが金融機関によって様々ですが、50万円以下であれば身分証明書を提出するだけで融資が受けられます。金融機関によって女性向けのカードローンが用意されている場合があるので、比較検討して選ぶことをおすすめします。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

キャッシングカードは、ATMなどでお金を借りることであるキャッシングを専門にすることができるカードになります。キャッシング専門になっているようなものとクレジットカードと一体になっているようなものがあります。

キャッシングカードを保有していると便利なのは、いつでもどこでも簡単に現金を引き出すことができるのがメリットです。こうしたカードは、日本全国にある銀行にあるATMやコンビニのAMTでも利用することができます。

さらに、こうしたカードはカードを発行する段階でカードの即日融資審査が終わっているために、面倒な手続きをする必要がありません。信販系のカードでは即日融資で借りる前に審査がありますが、キャッシングのカードではありません。

さらにこうしたカードでは、返済するときにほとんどが一括での返済になります。そのため、余分な利息を取られることも少ないですし、お金を借りすぎてあとで返済できなくなることがないようにしているところが多いです。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »