現在では「消費者金融」という名で親しまれている貸金業者ですが、一昔前は、「サラ金」や「マチ金」と言われていたのはご存知でしょうか?
「サラ金」と言われていたのは、その利用者が主にサラリーマンだったことが挙げられます。「マチ金」については営業所が市街地(街中)にあったので、こうして呼ばれていますが、このどちらも現在の借りやすい中小消費者金融です。

このような呼び名が付いていた頃は、イメージもとても悪く、高額な利子と恐ろしい取り立てをすることから、人々から敬遠されていました。
借入の手続きも、返済も店舗の窓口まで行き、面倒な手続きと「怖いお兄さん」たちに対面しなくてはならなかったのです。
しかし、現在の消費者金融はどうでしょう。消費者金融の申し込みも契約も、無人契約機で済ますことができ、返済も最寄りのATMから24時間いつでも行えます。

借入から返済まで店舗の窓口に行っての面倒な手続きは必要ないのです。
さらに、利子も法律によって規定があり、強引な取り立ては法律で厳しく罰せられます。

CMにもさわやかな女性タレントや好感度の高いお笑い芸人などが起用され、誰でも気軽に借りられるイメージの消費者金融。
こうして簡単に借りることができるようになったのはとても便利だし、よいことですが、返済のことまできちんと考えずにお金を借りている人が増えているようです。手続きは簡単になりましたが、利子は必ず付いてくるし、借りたものはきちんと返さなくてはなりません。計画性のない借金は絶対にやめましょう。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

アルバイトの方もキャッシュングを行う事は可能です。パート、アルバイト、フリーター、自営者、会社経営者、主婦、学生、派遣社員、正社員など、様々な方がカードローンでキャッシングをする事が出来るのです。もちろん、外国籍の方でも(カードローンが求める)ビザや証明書があれば、いつでも借入をする事は可能です。

ただし、専業主婦の方は、銀行カードローンしか申し込む事は出来ません。消費者金融商品は「本人に収入のある事」が前提となっているのです。総量規制の関係で借入が出来ない方は、銀行カードローンに申し込むようにしましょう。銀行大手は一部、専業主婦のカードローン融資を行っています。出来れば、配偶者の方と相談した上で申し込むようにして下さい。消費者金融にも一部「配偶者の同意書と収入証明書類」の提出で、借入が出来るケースがあります。

学生の方は、20歳以上でアルバイトなどの収入が得られる方のみキャッシングをする事が出来ます。年齢制限に引っ掛からないようにして、毎月の収入をきちんと確保しておいて下さい。学生や主婦の場合、平均して30万円から50万円までの利用限度額が設定されるでしょう。融資の金額は多くありませんが、使い過ぎないよう計画的に利用して下さい。

アルバイトの方も、50万円を越える借入には「収入証明書類」が必要となります。直近の給与明細など、必要な書類を手元に揃えておいて下さい。身分証明書は運転免許証や保険証、パスポートが必要です。時間に余裕を持って準備しておきましょう。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »