子供の進学や家族旅行など、まとまったお金や急な出費にいつでも対応できるように備えておきたいものです。しかし、2010年に施行された総量規制によって専業主婦は消費者金融からは融資を受けることは出来ません。


しかし、専業主婦でもお金を借りる方法があるのです。それは銀行のカードローンを利用することです。そもそも総量規制とは貸金業者に向けられた法律で、銀行法のもと営業している銀行は総量規制の適用外になります。


そのため、収入がない専業主婦でも少額であれば融資を受けることが出来ます。申込方法は銀行窓口やATMにあるテレビ窓口、またはインターネットや電話から可能です。テレビ窓口であれば早ければ40分程でカードローン審査からカード発行までができます。


審査内容や融資額、必要書類などが金融機関によって様々ですが、50万円以下であれば身分証明書を提出するだけで融資が受けられます。金融機関によって女性向けのカードローンが用意されている場合があるので、比較検討して選ぶことをおすすめします。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

キャッシングカードは、ATMなどでお金を借りることであるキャッシングを専門にすることができるカードになります。キャッシング専門になっているようなものとクレジットカードと一体になっているようなものがあります。

キャッシングカードを保有していると便利なのは、いつでもどこでも簡単に現金を引き出すことができるのがメリットです。こうしたカードは、日本全国にある銀行にあるATMやコンビニのAMTでも利用することができます。

さらに、こうしたカードはカードを発行する段階でカードの即日融資審査が終わっているために、面倒な手続きをする必要がありません。信販系のカードでは即日融資で借りる前に審査がありますが、キャッシングのカードではありません。

さらにこうしたカードでは、返済するときにほとんどが一括での返済になります。そのため、余分な利息を取られることも少ないですし、お金を借りすぎてあとで返済できなくなることがないようにしているところが多いです。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »