少しでも金利が安いキャッシングサービスを利用したい。そして出来れば安心して利用できると評判のところがいい、という方には銀行キャッシングがオススメです。
銀行キャッシングは消費者金融キャッシングと比べ金利は低めに設定されていることが多いですし、なにより安心感が違うので、キャッシング初心者の方にもオススメです。ただし、銀行は金利が低い代わりに審査が厳しい傾向にあります。キャッシングが初めての方であれば金融事故を起こしたこともないでしょうしお金に関するトラブルもないはずなのでマイナス要素となるものはなく審査に通りやすいといわれています。しかし、審査の中には「返済能力」についての審査もあり、消費者金融の審査よりもやや厳しい傾向にあるのでその点は留意しておくべき点でもあります。
銀行キャッシングの場合、総量規制外貸し付けですから審査次第で年収の1/3以上の融資を受けることも可能ですし、収入のない専業主婦や学生でも利用できるキャッシングサービスもあります。しかし、返済能力が十分でないと判断されてしまうと、否決されてしまう可能性が高いですし、借りられたとしてもキャッシングサービスの利用自体が初めてという方であれば他社返済実績がないため返済能力不明と判断され、利用限度額は低めのことが多いです。
ちなみに、銀行系消費者金融は銀行よりもキャッシング 即日審査がいくらか緩やかな傾向にあるので、低金利&安心の銀行は魅力的だけれど審査に通る自信がないという方は、銀行系消費者金融にあたってみるのもいいかもしれませんね。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

最近は、指定口座からの引落しによる返済だけでなく、銀行振込、コンビニ払い、ATMによる返済などいろいろな返済方法を用意しているカードローンが多いですが、ニーズに合った返済方法があるか?を確認する。また、振込手数料はかかるのか?といったことも予め確認しておくと良いでしょう。
提携するコンビニATMが多く、自社ATMを利用したとき同様、手数料がかからないカードローンであれば24時間いつでも手数料を気にすることなく利用できるので便利ですし、返済のたびに手数料がかかるのとかからないのでは大きな違いです。
特に返済が長期化する方にとっては、手数料の問題は大きく、振込みのたび・ATMを利用するたびに手数料がかかる場合、年利0.〇%の金利の違い以上に手数料が負担になってくることもあります。ちなみに、返済時に手数料がかからないATMというのは、追加融資を受ける際も手数料がかからない、というのが一般的ですので、繰り返し融資を受ける可能性がある方にとっても重視しておきたいところです。
カードローンを作るときには返済時にかかる手数料についてまで考えが及ばない、という方も多いかもしれませんが、上記のような理由から返済時にかかる手数料も視野に入れカードローンを選ぶことをオススメします。ちなみに、カードローンを作って1度だけ借入れしたけれど完済後は使っていない、という方は極稀で繰り返し利用している、という方が圧倒的に多いようです。返済時のとこだけでなく再利用時のときのことも考え、手数料の負担が少なく利便性の良いカードローン 審査基準を上手に選んでいきましょう。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

現在では「消費者金融」という名で親しまれている貸金業者ですが、一昔前は、「サラ金」や「マチ金」と言われていたのはご存知でしょうか?
「サラ金」と言われていたのは、その利用者が主にサラリーマンだったことが挙げられます。「マチ金」については営業所が市街地(街中)にあったので、こうして呼ばれていますが、このどちらも現在の消費者金融です。このような呼び名が付いていた頃は、イメージもとても悪く、高額な利子と恐ろしい取り立てをすることから、人々から敬遠されていました。
借入の手続きも、返済も店舗の窓口まで行き、面倒な手続きと「怖いお兄さん」たちに対面しなくてはならなかったのです。
しかし、現在の消費者金融はどうでしょう。消費者金融申し込みも契約も、無人契約機で済ますことができ、返済も最寄りのATMから24時間いつでも行えます。借入から返済まで店舗の窓口に行っての面倒な手続きは必要ないのです。
さらに、利子も法律によって規定があり、強引な取り立ては法律で厳しく罰せられます。CMにもさわやかな女性タレントや好感度の高いお笑い芸人などが起用され、誰でも気軽に借りられるイメージの消費者金融。
こうして簡単に借りることができるようになったのはとても便利だし、よいことですが、返済のことまできちんと考えずにお金を借りている人が増えているようです。手続きは簡単になりましたが、利子は必ず付いてくるし、借りたものはきちんと返さなくてはなりません。計画性のない借金は絶対にやめましょう。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

プロミスには使用目的を定めないフリーローンと使用用途が決まった目的ローンとがあり、
東京都プロミスのフリーローンは融資限度額が500万まで、金利は4.5%〜17.8%(実質年率)の条件で借り入れが出来ますが、総量規制対象の商品となっていますので、借入限度額は年収の3分の1以内と決められていますので年収300万円の人が借入できる限度額は100万円以下となります。
一方目的ローンは生計費に限るとあり、引越しのための資金、教育のための資金、結婚式のための資金、免許取得など使い道が決まった資金を必要とする方のための商品もあり、目的ローンの場合利用限度額は300万円まで借入限度額はプロミスの審査で決まった限度額になりますが、金利は単一金利で6.3%〜16.5%とフリーローンに比べてお得になります。
目的ローンの申込み条件は、年齢20歳〜69歳以下の方で安定した収入があれば主婦は勿論学生の方の申し込みも可能です。
また返済方式が元利均等返済方式となり、返済日は毎月6日と決まっており返済回数は2回から60回まで、返済方法は申込者が指定した金融機関から毎月一定額を自動で引き落とす事になりますので、返済日を気にすることなく計画的な返済がしやすいローンです。
目的ローンの申込みには、希望する借入限度額が50万円を超える場合や他社の残額と希望する借入限度額の合計が100万円を超える場合も収入証明書が必要になりますので事前に揃えておきましょう。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

お金が借りたいと考えたとき、一般的に思い浮かぶのが銀行や消費者金融といった金融会社ですが、案外知られていないのが市役所などでお金借りるならお金を借りる方法です。
これは、生活福祉資金貸付制度という制度があり、市町村役場に設置されている社会福祉協議会が中心となっている貸付制度で、お金に困ったときに誰にでも融資がなされるような制度ではなく、対象となるためには条件があります。
役所といった公的機関での融資制度ですから、多額のお金を借りるということはできませんが、融資限度額は少額でも条件があえば無利子になる場合もあり、金融機関を使って融資を受けるよりは有利に利用できる場合もあります。
融資限度額は単身の世帯で毎月15万円以内、2人以上の世帯の場合は毎月20万円以内で、最長1年分の融資を受けられ、金利は保証人がいれば不要ですが、保証人がいない場合は1.5%の利用金利になります。
制度の対象となるかたは、低所得者世帯(市町村民税が非課税となっている世帯)、世帯で身体しょう害者手帳や精神しょう害者保健福祉手帳、療育手帳などの交付を受けているかたを含むしょう害者世帯、65歳以上の高齢者を含む高齢者世帯となっています。
制度上では総合支援制度や福祉支援制度、教育支援制度、不動産担保型生活支援制度といった4種類の貸付があり、福祉支援制度の緊急小口と教育支援制度は、保証人もいらず無利子ですが総合支援制度と福祉支援制度は、保証人の有無によって金利が変わります。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

キャッシングでお金を借り、毎月決められた返済をしているけれど、毎月返済額の中にどれくらいの金利が含まれているのかを知る必要があり、キャッシングの金利がわかれば元金の返済がどれくらいなのかがわかります。
キャッシング会社のほとんどが返済方法として「残高スライドリボルビング方式」を採用していて、この方法は、借入残高で毎月の最低返済額が決まり、毎月返済額のなかから最初にその月の利用金利を差し引き、残ったお金を元金返済にあてるといった方式で、融資限度内であれば何度でも借入れができます。
金利の計算方法はいたって簡単で、借入残高×利用金利÷365日×30日=利用金利となります。
たとえば10万円を利率18%で1カ月利用したとすると
10万円×18%÷365日×30日=1、480円が1カ月の利用金利になります。
毎月返済額を3千円とすると、元金にあてられる返済額は
3、000円−1、480円=1、520円となり、
翌月の金利計算は10万円−1、520円=98、480円が借入残高になります。
この計算式を見てもわかるように最低返済額だけを返済しいると返済期間が長くなり、最終的な総支払額は金利を含め多くなってしまいます。返済期間を短くすれば無駄な金利を払わずに済むので、毎月返済額とは別にお金に余裕があるときはできるだけ繰り上げ返済を増やせば元金の返済がはやく終わります。
キャッシングは融資を受けたらできるだけ早く返済することが鉄則ともいえます。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

キャッシングをするとき、キャッシングカードとクレジットカード、キャッシュカードなどがありますが、キャッシングカードとクレジットカードの違いはどこにあるのでしょう。
キャッシングには「現金に換える」とか「おまとめローンの融資を受ける」といった意味があり、キャッシングはお金を借りるといった全般的な意味にも使われますが、消費者金融や信販会社から融資を受けるという事で、お金を出したりカードを使って返済するといったときに使われます。
クレジットは「信用」という意味で、クレジットカードは商品を借ったり、食事代に使ったりするためのカードをいい、現金の持ち合わせがなくてもクレジット会社が一時立て替えて支払いを済ませ、後日クレジット会社に返済するといった使い方で、有名なところではVISA、オリコ、JCBなどがあります。
最近ではクレジットカードにキャッシング機能をつけたカードがあり、商品購入などに利用するとき、翌月一括返済をすれば金利はかかりませんが、クレジットカードを使ってキャッシングをすれば翌月一括返済でも金利がかかってきます。
キャッシングとクレジットカードのちがいは、キャッシングカードはお金を借りたり貸したりするときだけに使え、金利は日にち単位に計算され、クレジットカードは商品購入やキャッシングをするときに使うカードですが、キャッシングに使うと締切日から締切日までの金利を負担しなくてはならないので、オススメとはいえず、お金を借りるとき、商品を購入するときと使い分けたほうがお得といえます。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

キャッシングを始めるとき、どこのキャッシング会社がいいのかよくわからないといった心配もあると思いますが、フリーローンを選ぶとき、時間があればインターネットや口コミ情報から比較してゆっくりさがす、今日あすにでもお金が必要といった時は即日融資ができるキャッシング会社をさがす、キャッシング会社のサービス内容が充実しているところを選びたいといった自分の利用目的に一番近いところをさがすことから始まります。

キャッシング会社のサービスの中でおすすめなのが無利息期間を設けているところもあり、無利息期間を利用すれば一定期間は無利息でお金を借りることができるのでお得な使い方ができます。

無利息キャシングのサービスを行っているキャッシング会社は「プロミス」「アコム」「レイク」「ノーローン」「ジャパンネット銀行」があり、無利息キャッシング比較をしてみると「プロミス」は会員登録をすれば初回の利用に30日間の無利息期間があり、ポイントをためていくと新たに無利息期間が使えることや「アコム」は30日間の無利息期間、「レイク」は180日間と30日間のどちらか選べる無利息期間、「ノーローン」は完済した後翌月からの利用は7日間の無利息期間、「ジャパンネット銀行」はキャンペーン中ですが100日間の無利息期間を提供しています。

このように無利息サービスもいろいろあるので、無利息キャッシング比較をして自分が利用するキャッシング会社を選ぶことで少しでもお得な使い方ができると思います。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

カードローンを専業主婦のかたが利用したいとき、消費者金融のおまとめローンオススメカードローンは利用できないので銀行のカードローンのみの申込となります。

消費者金融を利用するには「安定した収入があること」が条件になっています。
なぜかといえば、消費者金融は貸金業法の規制対象になっているため融資限度額は年収の3分の1以内と制限を受けます。ですから年収のない専業主婦のかたは個人名義で消費者金融のカードローンを作ることはできませんが、ご主人の同意を得てご主人の所得証明があれば利用することは可能です。
銀行は総量規制の対象外となるので年収に関係なく銀行の審査にとおれば融資を受けられます。

専業主婦のかたに専用のサービスを行っているのが、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」で専業主婦が申し込んでも30万円までの融資限度額がありますし、審査も30分と即日融資を受けることができ、返済も提携コンビニATMから返済すれば何度使っても手数料無料で利用できますので無駄な出費は必要ありません。

イオン銀行カードローンBIGは専業主婦のかたでも融資限度額は50万円までとなっていますので急な出費があってもほとんどまかなえる融資限度額とおもいますし、返済はイオンに設置してあるATMから返済もできますので、買い物の行きかえりに返済ができます。

専業主婦のかたが初めて利用される時は銀行カードローンなら金利も低く、銀行という安心からうってつけのカードローンといえるのではないでしょうか

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »

キャッシングの利用方法は実に様々、もちろん一つの利用方法に限定せずどのようなシーンでも自分が使いやすいようにアレンジしていくこともできるのです。

住宅ローン、マイカーローン、ブライダルローンといった明確な目的ローンならこういった使い方はできません。マネープランがスムーズですと、もちろんライフプランも立てやすくなります。その補助としてキャッシングはとても優秀な金融商品と言えるでしょう。

お金に困った時という使い方だけでなく、今欲しいものをすぐに手にしたい、やりたいことを後回しにしたり我慢したりせずにスタートしたい、こんなライフスタイルにおいて効果的な使い方も思いのままなのです。

計画性があれば、キャッシングは不安に感じるものでもなく、無駄遣いや使いすぎを招くものでもないのです。計画的に使うには、利用金額を明確にしておくこと、そのシミュレーションを徹底的に行うことが大切でしょう。

なんとなく借りて、なんとなく使うということをすると、所得証明不要キャッシングの返済ができなくなってしまうのです。借り入れ金額は必要な最低限の金額を、もちろん収入とのバランスから自分で、あるいは専門家の助けを借りつつ試算することです。

キャッシング商品全体の金利が低い今だからこそ、という利用方法もたくさんあります。どのようなキャッシングがあり、それぞれの違いはどこにあるのか、これを知って自分が使いやすい所を選べば安心でしょう。できるだけ多くキャッシング商品を見ていけば、自分が使いやすい所は自ずと見えてきます。

So far there's (just?) 0 comments on this post - join in and add one »